細菌とウィルスの違い

細菌とウィルスの違いはご存知でしょうか?

細菌は食中毒を起こすサルモネラ菌もあれば、ビフィズス菌や納豆菌のように人に良い影響を与えるような細菌もあります。ウィルスはインフルエンザや新型コロナなどの人に害を及ぼすウィルスもあれば、病気の治療などに利用できる有益なウィルスもあります。

細菌とウィルスには以下のような違いがあります。

細菌(⾃⼰増殖が可能)

⼀つの細胞しかないので単細胞⽣物と呼ばれます。細菌は栄養源さえあれば⾃分と同じ細菌を複製して増えていくことができます。⼈の体には多くの種類の細菌がいて、⽪膚の表⾯や腸の中の環境を保っています。

大きさは⽬で⾒ることはできない⼩さな⽣物です。通常1mmの1/1000の単位【μm(マイクロメートル)】が⽤いられます。細菌は光学顕微鏡で⾒ることができます。
例)ブドウ球菌は、直径約0.8〜1.0μmの球状

糖などの栄養と⽔がある適切な環境のもとでは、⽣きた細胞がなくても⾃分⾃⾝で増殖できます。

ウイルス(⾃⼰増殖能⼒はないが、細胞に寄⽣して増殖する)

ウイルスは、⾃分で細胞を持ちません。蛋⽩質のエンベロープ、内部に遺伝⼦(DNA、RNA)を持っただけの単純な構造の微⽣物です。細菌のように栄養を摂取してエネルギーを⽣産するような⽣命活動は⾏いません。ウイルスには細胞がないので、他の細胞に⼊り込んで⽣きていきます。ヒトの体内にウイルスが侵⼊すると、ヒトの細胞の中に⼊って⾃分のコピーを作らせ、細胞が破裂してたくさんのウイルスが⾶び出し、ほかの細胞に⼊りこみます。このようにしてウイルスは増殖していきす。

⼤きさは、細菌よりもはるかに⼩さく、μm(マイクロメートル)の更に1/1000の単位【nm(ナノメートル)】が⽤いられます。
ウイルスを⾒るには電⼦顕微鏡が必要です。例)ノロウイルスは、直径約30nm

たとえ栄養と⽔があったとしても、細菌とは異なり、ウイルス単独では⽣存できません。ウイルスは、⾃分⾃⾝で増殖する能⼒が無く、⽣きた細胞の中でしか増殖できませんので、他の⽣物を宿主にして⾃⼰を複製することでのみ増殖します。ウイルスに感染した細胞は、ウイルスが増殖して多量のウイルスが細胞外に出てくるため死滅します。そして、その増殖したウイルスがまた他の細胞に⼊り込んで増殖を続けます。そのため、宿主の細胞が次々と死滅してゆくことで⽣物は耐えることができずに死亡に⾄るわけです。すなわち、ウイルスにとって、他の個体へ感染させ続けることが⽣き残るための必須条件です。感染⼒はウイルスにより異なります。

未来科学株式会社が提供するSterilizAir(ステライザ)は稼働時間6時間で99%の細菌、ウィルスを除菌させることが検証されています。一番のポイントは高い除菌効果を得ながら24時間365日人が生活できることです。高い除菌効果を得ることができる他の方法がありますが、一時的に人がその空間で生活することはできません。

SterilizAir(ステライザ)が人がいる空間で高い除菌効果を得ることができるのは、空気を原料とし、最終的には水と酸素だけしか残らないに”OHラジカル・ROS(Reactive Oxidation Species:気相活性酸素種)混合マルチガス・プラズマ”®による“AOP(Advanced Oxidation Process:促進酸化処理方法)システム”によって実現されています。

“OHラジカル・ROS(Reactive Oxidation Species:気相活性酸素種)混合マルチガス・プラズマ”®による“AOP(Advanced Oxidation Process:促進酸化処理方法)システム”の詳しいご説明はこちらでご確認下さい。