除菌・殺菌・滅菌・抗菌・消毒・不活化の違い

テレビCMやパンフレットなどで、除菌フィルターを搭載した空気清浄機や最近だと、レストランに入る前に消毒剤が設置されていたりします。

除菌や消毒は菌またはウィルス対策となりますが、皆さんは除菌、消毒などの違いを意識されたことはありますか?以下のような違いがあります。

除菌

菌の数を減らす

殺菌

菌をある程度殺す(程度は決まっていない)

滅菌

菌を完全に殺す

抗菌

菌の繁殖を防ぐ

消毒

菌や病原性微⽣物を無毒化する

不活化

ウイルスの感染⼒や毒性を失わせること

除菌、殺菌のポイントは程度が決まっていないということです。除菌、殺菌といっても”どの程度まで”除菌、殺菌されるかが重要です。
そして強い除菌、殺菌効果を得るには人が一時的に滞在することができない様な状況も発生します。

未来科学株式会社が提供するSterilizAir(ステライザ)は稼働時間6時間で99%の細菌、ウィルスを除菌させることが検証されています。一番のポイントは高い除菌効果を得ながら24時間365日人が生活できることです。高い除菌効果を得ることができる他の方法がありますが、一時的に人がその空間で生活することはできません。
SterilizAir(ステライザ)が人がいる空間で高い除菌効果を得ることができるのは、空気を原料とし、最終的には水と酸素だけしか残らないに”OHラジカル・ROS(Reactive Oxidation Species:気相活性酸素種)混合マルチガス・プラズマ”®による“AOP(Advanced Oxidation Process:促進酸化処理方法)システム”によって実現されています。

“OHラジカル・ROS(Reactive Oxidation Species:気相活性酸素種)混合マルチガス・プラズマ”®による“AOP(Advanced Oxidation Process:促進酸化処理方法)システム”の詳しいご説明はこちらでご確認下さい。